声の大きさ表

声が大きく出せないお子さんに「もっと大きく」逆のお子さんに「もっと静かに」と声を掛けても、どのくらい調節したら良いかわからない場合があります。

声の大きさをイラストで見てわかるようにすることで、お子さん自身が今どのくらいのボリュームで話しているのかわかるようにします。

関連記事

  1. 絵本の読み聞かせ

  2. ゲーム遊び「卓上カーリング」

  3. 的当て作り♪

  4. トイレットペーパーの芯ドミノ倒し!

  5. 毛糸でお花作り

  6. 看板②

PAGE TOP