長期休暇の前後の気持ち

長期休暇の前後

GWや夏休み・冬休みといった長期休暇の前後は、不安を感じやすい時期と言われます。なぜかというと日々の整った生活リズムが崩れ、それがストレスや不安へとつながるのです。しかし、不安やストレスを感じることは決して悪いことではありません。人が自己防衛するための本能で、これを経験することにより様々なトラブルの回避の仕方や乗り越え方を学びます。だから、無理に不安を取り除いたり、回避したりするのでなく、気分転換できる方法を見つけていくことがおすすめです。

運動で気持ちの発散を

効果的なことが運動です。体を動かすことにより脳の血流が良くなり、活性化され、心に安らぎをもたらすという効果があります。また、達成感や満足感も得られやすく、自信につながり、気持ちが明るく、前向きになることが期待できます。「運動」と言っても本格的な競技でなく、おいかけっこをしたり、ボールを投げたり、散歩をしたりとちょっとした時間を設けることが大切です。無理がないところから、少しずつ続けていくことが成長のステップアップにつながっていくので楽しみながら、気持ちの発散をしていきましょう。

PAGE TOP